協会の紹介

ペットを愛する気持ちはいつまでも変わらない

自分のペットが死んだ時、悲しみと一緒に浮かんだのが、これからどうしよう。という気持ち。
それまで予想していなかった出来事に、慌てふためきました。
ペットが死んだら、みんなどうしているのだろう。今まで一緒に暮らしてきた大切な家族。ちゃんと新しい旅立ちを迎えて欲しい。
そんな中、見つけたのがペットの火葬サービス。これなら一緒にいられる。
そう思って動かないペットを抱いて行きました。

お骨を骨壷に入れて、自宅に連れて帰り・・・

リビングの棚の上に置かれた骨壷。その無機質な感じ。
今までと違いすぎる何か。

これからのペットの棲みかなのだから、もっと素敵にしてあげたい。
その骨壷を見て、私たち家族も安らかな気持ちになれたら。

ネットで骨壷カバーを検索しても、いかにも、というデザインのものしか見つからない。
だったら自分で作ってしまえ、と骨壷カバーのデザインにとりかかりました。
プリザーブドフラワーの教室の傍ら、レースとプリザーブドフラワーを使ってデザインしていきました。

そして出来上がった骨壷カバー。教室に来る生徒さんからも好評でした。
自分のペット用にも欲しい、作りたい、という声が増えてきて、
生徒さんも実はいろいろな骨壷カバーを探していたとのこと。
ネットで検索しても、そういったお店に行ってみても、なかなか良いものがないようです。

今では生徒さんの口コミで、欲しいと言ってくださる方がますます増えてまいりました。
そんな皆様の気持ちに応えたく、ペットフューネラルフラワー協会を発足させ、
私達の骨壷カバー〜エターナルBOX〜を皆様にご提供する運びとなりました。

協会の活動

・スクールの運営
・認定会員・スクール運営支援
・販売